気管支喘息

気管支喘息ASTHMA

気管支喘息は、気管支(気道)粘膜に慢性的な炎症が起こって生じる疾患で、特徴的な症状に「ヒューヒュー、ゼイゼイ」する喘鳴という喘息発作があります。長期に続く炎症によって気道過敏性という気管支がとても過敏な状態になっているため、特定の刺激で気道が狭くなって咳が続く、息苦しい、喘鳴などの症状を起こします。喘鳴の症状を起こさないケースもあり、風邪の後に咳の症状だけが長く続くようでしたら気管支喘息の可能性があります。
長く炎症が続いていると気管支が硬くなって治療が困難になり、長期間継続した治療が必要になってしまうため、早期に適切な治療を受けることが重要です。

原因CAUSE

喘息発作のきっかけになるのは、ダニやハウスダスト、ペットの毛・フケ・唾液、ダニ、気温の変化、タバコの煙などがあります。それ以外の悪化要因としては、ウイルスなどによる風邪、激しい運動、ストレスがあげられます。
長く炎症が続いていると気管支が硬くなって治療が困難になり、長期間継続した治療が必要になってしまうため、早期に適切な治療を受けることが重要です。

治療TREATMENT

炎症を抑えて発作を予防するための長期管理薬(コントローラー)、気管支喘息発作が起こった時にそれを鎮めるための発作治療薬(リリーバー)の2種類の治療を行う必要があります。発作治療薬は発作による症状を改善してくれますが気管支の炎症を抑える効果はないため、長期管理薬による治療も不可欠です。

アレルギーによる発作を鎮めるために

発作のきっかけになるダニやハウスダストなどのアレルゲンによって発作を起こしやすい場合、掃除や布団管理の徹底、カーテンをブラインドに・カーペットをフローリングにする、布製のソファを置かない、空気清浄機の導入などの環境整備も重要です。

097-552-1567
TOPへ